COLUMN

コラム

エコマイル2の放熱効果

2017.06.19

物体は原子(分子)と原子どうしが、お互いに強く結びついており、分子が振動することで、物体の熱エネルギーが伝わります。つまり、「振動ば大きい=熱量エネルギーが高い」ということになります。
熱伝導率が悪い物体は、熱エネルギーを受けたときに、振動が小さく、熱伝導率が良いものは、大きいために効率よく伝達します。

また、熱エネルギーは、物体内部には振動で熱伝達しますが、外部には、電磁波(赤外線等)の形で放射されます。
エコマイル2の含有成分は、振動が非常に大きく、透過性の放射に優れた固有の電磁波(遠赤外性の一部)を発します。
そのため、塗布した場所の物体の熱伝道率を上げ、また放射率を上げるため、効率よく熱エネルギーが放射されます。
燃費向上については、発生する固有の電磁波が、物質の分子内の振動や回転運動を活性化し、分子間の相互運動を活性化させます。その作用が、物質のクラスターを小さくさせ、不均一であった結晶(分子)を整えるため、気体や液体のつまりが減少し、効率よく燃焼できるようになることで、燃費向上効果が得られます。

お問い合わせはこちらから

Contact us

お電話でのお問い合わせ

TEL06-6260-7210
 FAX06-6260-7512

営業時間 平日 9:00~18:00(定休日 土日祝日)

WEBサイトからのお問い合わせ

メモを見る
連絡事項